なぎさ心理相談室|宇都宮の心理カウンセリング

なぎさ心理相談室

WEB予約
アクセス
お問合せ
豆知識

自己紹介をしないといけないときに、気を付けたい4つのコツ

春はいろいろな出会いの季節ですね。

学校ならば、新しい学校への入学、新しい学年でクラス替えがあります。

大人ならば、会社への入社や、違う部署への異動などがありますね。

そしてもしもあなたが子どもの保護者ならば、保護者会やPTAの集まりに参加することもあるかもしれません。

そしてそこで恒例なのが…自己紹介です。

実は私も、自己紹介はとても苦手です。苦手な方の気持ちはとてもよく分かります。

そんな自己紹介が苦手…という方々に、こちらをお勧めします。

新年度の準備:自己紹介や短いスピーチが苦手な人におすすめの方法
#Voicyこころラボ @Imai_Shoji

こちらは「音声の総合プラットフォーム」であるVoicyで聴けるようになっています。

ぜひ、まずは聴いてみてください。

聴いてもらえるとわかるかと思うのですが、この中で自己紹介や短いスピーチのコツとして挙げられている4つのコツがあります。

・自分のドキドキよりも、話す内容にだけ意識を向ける

・人と比較しない

・アドリブを入れない

・記憶に残らないことを理解しておく

一つずつ見ていきましょう。(今井先生がお話しされている通りに書いていきます)

・人と比較しない

スピーチが上手な人がいる。でもその人と比較する必要はない。

・記憶に残らないことを理解しておく

自己紹介で自分の全てが決まるわけじゃない。ずっと記憶されるわけじゃない。

・アドリブを入れない

アドリブを入れて収拾がつかないのが一番がっかりするポイント。

・自分のドキドキよりも、話す内容にだけ意識を向ける

これが一番のポイント。

どきどきしていることに意識が向いてしまうと、話す内容に意識が向かないため、自分の番が来た時に何を話すんだったか忘れてしまう。

メンタルリハーサルをいったんしたら、あとは人の話を笑顔でうなずきながら聞く方がいい。

・プラスアルファ何のためにスピーチするのかを確認しておく。

保護者会ならば、自分の子どものことをアピールするなど。

必要最低限のことを言うが、できれば笑顔で話す。いいことを言うのは難しいが、笑顔でいることは印象に残りやすい。

思いやりを持って話す。講演会など、自分の話すことでワンフレーズでも持って帰ってもらえたらという思いで話している。

先生方などが聴いている場合、その先に子どもたちがいるということを思って、その子どもたちに思いやりを持って伝えることが大切だろう。

完璧なスピーチをする必要なんてない!

というような内容です。

自己紹介が苦手!という方、ぜひ、まずは聴いてみてくださいね。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP